ニコラ@三軒茶屋

2018年2月

土曜日

晴れ

 

 

■ニコラ

三軒茶屋駅から徒歩5分

 

 

f:id:mmmggg53:20180321130427j:plain

 

16時開店というのが意外と自分の都合にハマらず、中々チャンスが無かったニコラさん。

やっと伺えました。

 

パン屋さんの真横にひっそりとある細い階段を登ると、2階にお店のドアがあります。

開店時間までこの階段の電気もつかないので、関係者以外立ち入ってはいけないような雰囲気。

 

15:50着

入口を確認しておこうと、外の通りから階段を覗くと、既に1組並んでいた。

 

近くの文房具店を覗いて時間をつぶし、15:59に戻る。

ほどなくオープン。2組目で入れたので好きな席を選べました。

 

カウンター4席、2名掛けが5席?、4名掛けが1席。

 

 

f:id:mmmggg53:20180321130459j:plain

 

開店前の行列までは出来ていなかったものの、皆さん時間ぴったりに狙ってきた(私たちと同じように近くをフラフラしていたのかな?)ようで、オープンから2分ほどで満席。その後も続々とお客さんが来店していましたが、残念ながら断られていました。

 

 

f:id:mmmggg53:20180321130516j:plain

 

人気になるのもわかります。

まず店内がとっても素敵。

 

 

f:id:mmmggg53:20180321130554j:plain

 

ほどよく薄暗い照明で、心が落ち着きます。

間接照明や、モビールや壁に貼られたポスター等のセンスがとてもツボ。

いくつかお部屋のある家に住めるようになったら、寝室はこんなテイストにしたいな。

 

 

f:id:mmmggg53:20180321130614j:plain

 

寒くなかったので借りませんでしたが、あたたかそうなひざ掛けが自由に取れるように置かれていました。こういう気遣いも嬉しい。

 

 

 

★苺のグラスデザート 680円

 

 

f:id:mmmggg53:20180321125923j:plain

 

グラスに苺のシャーベットやらなんやら、いろんなものがたくさん。

それぞれで食べても美味しいし、全部一緒に食べても、もっと美味しい。

 

 

いよかんと金柑とマスカルポーネのタルト  500円

 

 

f:id:mmmggg53:20180321125945j:plain

 

タルト生地の上に他のものを乗せているタイプのタルト。

 

いよかんの瑞々しさと少しの苦みがとっても美味しい。

金柑は甘く煮たもののようで、どちらのフルーツもマスカルポーネクリームにとても良く合う。

土台のタルトはザクザクでしっかり食べごたえがある。

 

ニコラさんのタルトは、SNS等にあがった写真でよく拝見していました。

季節のフルーツがそのつど美しく使用されていて、いつもいつも本当に美味しそうです。

そのうち1つが食べられて嬉しかった^^

 

 

シャンパンパーティ  750円

 

ポット提供。

とっても可愛らしい品物名と、「マスカットなどを使用したフルーツティ」というような説明書きに惹かれて。

マスカットの風味が強く、甘くてとっても美味しかった。

 

 

お店の方は、男女で御二方いらっしゃいましたが、どちらもとても丁寧で、優しい距離感でした。

混んでいるのでお待たせしますと初めに断って頂きましたが、注文から15分程で提供。

個人的にはあまり待った気がしませんでした。

 

 

f:id:mmmggg53:20180321130632j:plain

 

お店を好きになるのって、ほんの小さなポイントが寄せ集まって(自分の心が)決めているんだなあと、ニコラさんで実感しました。

 

ひざかけが用意されている、とか、本が置かれている、とか、テーブルやイスが好み、とか、飲み物がおいしい、とか。

 

1つ1つはそれほど特別ではないこと、「やろうと思えば出来るよ」ということかもしれませんが、それがたくさん集まれば集まるほどに好感は高まり、感動に変わります。

 

そういう場所をこれからも見つけて行きたいし、その1か所1か所を大切にしようと思います。