ラドリオ@神保町

 

2018年2月

土曜日

 

 

f:id:mmmggg53:20180321125426j:plain

 

■ラドリオ

神保町駅から徒歩5分

東京都千代田区神田神保町1-3

 

14:30頃着

 

f:id:mmmggg53:20180321125441j:plain

 

他の店が行列している中、細い路地にあるこちらはすんなり入店。

でも常に席の9割が埋まる感じで、賑わっていた。

古めかしい“喫茶店”という内装がとても素敵。

 

 f:id:mmmggg53:20180321124853j:plain

 

 

ホットチョコレート 580円

甘くてもったりした飲み物の上にも、クリーム+チョコソース。

甘いけど、でもスターバックスとかの飲み物みたいに苦しい甘さではなく、あっさり飲めてしまった。

(スタバも好きです)

 

 

「本日のケーキ」として、数種類あったものを、ウインナーコーヒーとセットで注文。

 

セット価格で670円

ウインナーコーヒー単品だと480円

 

ラムレーズンのケーキを選びました。

 

家庭でお母さんが焼きました、という感じのほっとする食感・味。

 

気取っていなくて、美味しかった。

 

 

 

注文したすべての皿に昔ながらの重いクリームがもりもり乗っている。

 

 

f:id:mmmggg53:20180321124941j:plain

 

コーヒー単体は苦手で、ウインナーコーヒーも基本は飲めないけど、ここのウインナーコーヒーはしっかりしたクリームがたっぷりだったので、私にとっては甘味がちょうどよく、美味しく飲めた!

 

飲み物を注文すると、コーヒー、他数種類の飲み物が100円でお代わりできるのもお得。

 

TIES @本郷三丁目

2018年2月

日曜日

 

向かう途中、湯島天神では「梅まつり」が開催されていた。

もう満開!季節の早さにびっくり。

 

 

f:id:mmmggg53:20180317120014j:plain

 

見てしまったからには我慢できずに、酒まんじゅう100円を購入。

 

せいろを開けるとぼわっと湯気が。

つやつやで可愛い。

 

寒い時期にはたいへん嬉しい。

生地は柔らかく中のあんこは大好きなこしあん、少しごま風味?でアッツアツ。口の中を火傷した。

 

 

湯島天神は学問の神様、ちょうど入試の時ということもあり、絵馬のボリュームがすごい。

 

こんなの見たことない

 

f:id:mmmggg53:20180317115936j:plain

 

 

寄り道してしまったけど、目的地へ到着。

16:20頃着

 

■TIES

本郷三丁目駅から徒歩5分

末広町駅から徒歩15分

 

間接照明のみで暗めの店内、雰囲気ある~。

珈琲好きのおじさまが通う店、もしくは、大人のデート、という感じ。イメージですが。

 

店内のメインはカウンター席。

手際よくコーヒーを入れているスタッフの手元が良く見えて、楽しい。

隣の席との距離が近いけど、一度座るとそこまで気にならない。照明や、その他の要素のおかげか落ち着ける。

コーヒーは複数種類あったが、ほとんどのものが酸味が無くどっしり苦いものなので(気を付けて)と女性のスタッフが教えてくれた。

 

(実際、コーヒー好きの人が飲んで、「濃い!」と驚いていた。)

 

もともとコーヒーには自信が無いので、大人しくカフェオレを注文。

 

 

f:id:mmmggg53:20180317115736j:plain

 

★カフェオレ 580円?

ボウルが可愛い。

 

 

メレンゲシャンティ

 

ほろ苦いキャラメル風味のクリームを、左右でメレンゲのお菓子(マカロンよりももっと繊細で簡単に崩れてしまう)がはさんでいるケーキ。甘いけど美味しかった。

 

 

f:id:mmmggg53:20180317115813j:plain

 

苺のショートケーキが食べたかったけれど、この時間では売り切れ。

このときあったのは、メレンゲシャンティ、カシス、リンゴのタルト。

3人で行って、それぞれ違うケーキを注文。

カシスは美しく、中に入っているババロアが美味しかったそう。

林檎タルトはお酒が効いている大人な味。

 

全体を通して、大人がしっとりゆっくり楽しむお店という印象。

1人で来て、本を読みながら、ゆっくりお茶を楽しみたいな。と思わせる感じ。

 

この日は18時頃に閉店。

ちょうど17時頃、満席だったところから自分たち以外のすべての人が帰って行き、焦る。

その後に2組新しく入店した。

 

満席だと、他の人の存在をガッツリ感じるが、ほどよく人がいる状態だと、本当にまったりした気分でくつろげる。

on and on@浦安

2018年2月

土曜日

晴れ

 

ずっと行きたかったお店。

 

 

f:id:mmmggg53:20180321131714j:plain

 

■on and on

浦安駅から徒歩7分

 

 

基本的にはひと月に2日間のみの営業。

(営業日はインスタグラムやHPで  の告知で確認!)

毎月月初に受付開始日時が設定され、メールで予約をする。

 

自分の都合が合わなかったり、予約する前に既に慢性で受付終了となったり…が重なり、存在を知ってから半年以上伺えずにいました。

 

1月の頭、そのときは9時から受付スタートだったので、事前にメールを作成し、8:55から送信一歩手前画面で待機。

9時になった途端に送信しました。

 

念願叶って、枠に滑り込めたよう。

翌日にお返事を頂いたときは、小躍りしました。

第三希望した日時の席になりましたが、行けるなら何でも嬉しいです。

 

f:id:mmmggg53:20180321132024j:plain 

 

13:00~の予約で、12:45頃着。

すぐに席に案内・お食事を出して頂けました。

 

この日は天気が素晴らしく、2月にしては温かい気温で、幸せな気持ちは最高潮。

 

二名掛け2席、外に向かって座るカウンターが3席、大きなテーブルが1つ(つめれば6人くらい座れるのかな?)

 

カウンター席に通して頂きました。

お店の方に「日差し大丈夫ですか?(ブラインド?カーテン?)降ろしましょうか?」と気遣って頂きました。

 

 

f:id:mmmggg53:20180321131943j:plain

 

メール予約の際に注文するメニューも伝えるのですが、席に座っていると再度確認されました。

他の方の会話が聞こえましたが、デザート等も数に余裕があれば、この時追加注文を受け付けてもらえそう。

 

飲み物は事前メールでは伝えないので、ここで飲み物を注文。

 

今日はハンバーグなので、炭酸を合わせたい気分。

 

 

f:id:mmmggg53:20180321132220j:plain

 

あたたかい明るい日差しに、ジンジャーエールの泡がキラキラして、眺めていると癒されました。

 

f:id:mmmggg53:20180321131819j:plain

 

★きのこチーズバーガ-

きのこのソテーがピリッとスパイシーでとても美味しかった。

 

★アボカドバーガー

安定の味。アボカドたっぷり。

 

バーガーはどちらもお肉がジューシーで、かなりガツンと肉々しいです。

バンズは表面をカリッと焼かれていて、とても好み。

 

お肉もボリューミーだし、そもそもサイズが大きいので食べごたえ十分。

 

添えてあるポテトはほくほくではなく、噛むとさくっとしている感じ。

 

付けあわせはアボカドときのこチーズで違いましたが、どちらもすごく美味しい!

とくにきのこチーズの方の、コールスローのようなものがすごく気に入って、家でも再現して毎日食べたい!と思ったほど。

 

 

食べ終わって一息。

この後デザートが運ばれてくるので、コーヒー好きの恋人はコーヒーを注文。

カップ&ソーサーが落ち着いた可愛さ。

 

f:id:mmmggg53:20180321132102j:plain

 

デザートは三種類ありましたが、せっかくなので唯一テイクアウトが出来ないものをチョイス。

 

★苺のガナッシュタルト

 

f:id:mmmggg53:20180321131913j:plain 

 

タルトは具材を一緒に焼き込んでいるものではなく、土台の上に具材を乗せるタイプ。

(伝わりますでしょうか)

 

土台になっているタルトがしっかり堅く、フォークで切って食べるのが難しかった!

家だったら迷わず手づかみで食べてます。

 

ガナッシュはとろっと濃厚、タルトとの割合がちょうどよく絶妙。

 

 

 

お持ち帰りでスコーン(この日はメープル一択)を1つ。

 

 

f:id:mmmggg53:20180321132149j:plain

 

夜に食べましたが、クッキーのようにサックサク。

水気が少なく、本当にさっくりしています。

 

メープルの風味がしっかり。

塩気も強めに感じました。

スコーンはじっとりしている方が好きなので、好みのタイプとは違いましたが美味しくいただきました。

 

 

2名でちょうど5,000円。

ランチのお値段としては、どちらかと言えばお高めかも。

でも満足度が高いので、まったく「高い」気がしません。絶対また行きます。

ニコラ@三軒茶屋

2018年2月

土曜日

晴れ

 

 

■ニコラ

三軒茶屋駅から徒歩5分

 

 

f:id:mmmggg53:20180321130427j:plain

 

16時開店というのが意外と自分の都合にハマらず、中々チャンスが無かったニコラさん。

やっと伺えました。

 

パン屋さんの真横にひっそりとある細い階段を登ると、2階にお店のドアがあります。

開店時間までこの階段の電気もつかないので、関係者以外立ち入ってはいけないような雰囲気。

 

15:50着

入口を確認しておこうと、外の通りから階段を覗くと、既に1組並んでいた。

 

近くの文房具店を覗いて時間をつぶし、15:59に戻る。

ほどなくオープン。2組目で入れたので好きな席を選べました。

 

カウンター4席、2名掛けが5席?、4名掛けが1席。

 

 

f:id:mmmggg53:20180321130459j:plain

 

開店前の行列までは出来ていなかったものの、皆さん時間ぴったりに狙ってきた(私たちと同じように近くをフラフラしていたのかな?)ようで、オープンから2分ほどで満席。その後も続々とお客さんが来店していましたが、残念ながら断られていました。

 

 

f:id:mmmggg53:20180321130516j:plain

 

人気になるのもわかります。

まず店内がとっても素敵。

 

 

f:id:mmmggg53:20180321130554j:plain

 

ほどよく薄暗い照明で、心が落ち着きます。

間接照明や、モビールや壁に貼られたポスター等のセンスがとてもツボ。

いくつかお部屋のある家に住めるようになったら、寝室はこんなテイストにしたいな。

 

 

f:id:mmmggg53:20180321130614j:plain

 

寒くなかったので借りませんでしたが、あたたかそうなひざ掛けが自由に取れるように置かれていました。こういう気遣いも嬉しい。

 

 

 

★苺のグラスデザート 680円

 

 

f:id:mmmggg53:20180321125923j:plain

 

グラスに苺のシャーベットやらなんやら、いろんなものがたくさん。

それぞれで食べても美味しいし、全部一緒に食べても、もっと美味しい。

 

 

いよかんと金柑とマスカルポーネのタルト  500円

 

 

f:id:mmmggg53:20180321125945j:plain

 

タルト生地の上に他のものを乗せているタイプのタルト。

 

いよかんの瑞々しさと少しの苦みがとっても美味しい。

金柑は甘く煮たもののようで、どちらのフルーツもマスカルポーネクリームにとても良く合う。

土台のタルトはザクザクでしっかり食べごたえがある。

 

ニコラさんのタルトは、SNS等にあがった写真でよく拝見していました。

季節のフルーツがそのつど美しく使用されていて、いつもいつも本当に美味しそうです。

そのうち1つが食べられて嬉しかった^^

 

 

シャンパンパーティ  750円

 

ポット提供。

とっても可愛らしい品物名と、「マスカットなどを使用したフルーツティ」というような説明書きに惹かれて。

マスカットの風味が強く、甘くてとっても美味しかった。

 

 

お店の方は、男女で御二方いらっしゃいましたが、どちらもとても丁寧で、優しい距離感でした。

混んでいるのでお待たせしますと初めに断って頂きましたが、注文から15分程で提供。

個人的にはあまり待った気がしませんでした。

 

 

f:id:mmmggg53:20180321130632j:plain

 

お店を好きになるのって、ほんの小さなポイントが寄せ集まって(自分の心が)決めているんだなあと、ニコラさんで実感しました。

 

ひざかけが用意されている、とか、本が置かれている、とか、テーブルやイスが好み、とか、飲み物がおいしい、とか。

 

1つ1つはそれほど特別ではないこと、「やろうと思えば出来るよ」ということかもしれませんが、それがたくさん集まれば集まるほどに好感は高まり、感動に変わります。

 

そういう場所をこれからも見つけて行きたいし、その1か所1か所を大切にしようと思います。